ブライダルに似顔絵ウェルカムボード

披露宴や結婚式において会場をわかりやすくする上で案内板や標識のようなものが必要になります。

そこで昔は「○○家と△△家結婚式会場」といった表札が掲げてありました。

しかし教会やホテルには洋風のウェルカムボードのほうが似合うような気がします。

それで近年はウェルカムボードが使用されるようになったのでしょうね。

そして結婚式の看板としてのウェルカムボードはお客様を入口でお迎えするのですから大切な役割を担っていると言えるでしょう。

最近では結婚するお二人の似顔絵の描かれた似顔絵ウェルカムボードというものも見かけるようになりました。

これは一目で誰の会場かわかりやすいので良いと思います。

描く人により、画風は様々で、ポップなものから肖像画タイプまであります。

良く目立つようにと背景等にこだわってオーダーできるところもあったりして、ほとんどのものが一点一点真心のこもった手描きなこともあって暖かみがあり、来場者を和ませてくれることと思います。

また、実際そうされている方もいらっしゃるように似顔絵ウェルカムボードを思い出の品としてお式の後で家に飾ることができる点もいいと思います。

きっと一生の宝物となるのではないでしょうか。

参考URL:http://www.wwrem.com